· 

2020年7月6日








漫才とコントやとコントのほうが何回も見たくなるネタが多い気がする。





ふとした時にまた見たいなとよぎるのはやはりコントが多い。




コントはやはり作品性が高いからだろうか。





もう一度あの物語を見たいとなる感じに近いか。






漫才はやはり生で見るのが一番でライブ感がかなり大事だ。





その場でわーっと笑っておもろかったーで終わる感じ。





そこが最大の魅力であり少し切なくもある。






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

名古屋でおい笑い芸人を呼びたい!!呼ぶなら!!「ファニーチャップ」にお任せ下さい!!

 

イベント、お祭り、学園祭、ショッピングモール、結婚式の二次会、企業パーティー、宴会、忘年会、新年会、芸術鑑賞会、学校行事にお笑い芸人を呼んでみませんか?

 

営業経験豊富なお笑い芸人ファニーチャップがイベントを盛り上げます。

 

愛知県を拠点に出張漫才を行っています。

 

「オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです!」(オドぜひ)にも出演。岐阜県、三重県の東海三県は勿論、全国どこでもお伺いします。

 

出演依頼、派遣依頼、ギャラ、費用などお気軽にお問合せ下さい!!