· 

2020年11月6日










M–1グランプリ2回戦の結果が出た。






結果は敗退。






悔しいなんておこがましい。






悔しがるほど向き合えなかった。





去年M–1に出場せず、今年改めてM–1を意識してネタ作りをするつもりだった。






今年の3月から人前で漫才ができずネタを試せなかったがそれはみんな条件一緒。






気持ちを持ち続けていれば今新しく見つけた漫才を完成に近づけて、お客さんの前で試せてなくてもM–1にかけてみることができたはず。







気持ちが弱まっていた。







ただ実質3回戦の舞台に立てる経験もできて得れるものが沢山あった。







自分が普段から感じている通りだった。






漫才師としての地肩は一線級と見劣りしない。






十分闘える。







ただやはり"らしさが必要。






短い時間の後半で大きな笑いがとれるよう、





内容もちろん関係性、出で立ち、立ち振る舞い、言葉選び、リズム全て自分達らしさをもっと短い時間で受け取ってもらわなければいけない。







結局一生漫才演っていくならこれが絶対必要。







そしてこれが自然にできるようになればM–1がいつ終わっても漫才を見失うことはない。







我々はずっと名古屋で漫才を演っていくのだ。







システムを作るのではない。







人を出しきるのだ。







頭ではわかっていたが今回改めて再確認させられた。







お笑いは結局は個の力が強くないといけない。





コンビが一つの笑いを共有しなければいけない。





誰も助けてくれない。






だからもっと己と向き合って己を出す。







今回応援頂いた皆様。






ほんまに心から感謝します。





ありがとうございます。






今後の活動と結果で恩返しします。








これからも末永く応援よろしくお願いします。










~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

名古屋でおい笑い芸人を呼びたい!!呼ぶなら!!「ファニーチャップ」にお任せ下さい!!

 

イベント、お祭り、学園祭、ショッピングモール、結婚式の二次会、企業パーティー、宴会、忘年会、新年会、芸術鑑賞会、学校行事にお笑い芸人を呼んでみませんか?

 

営業経験豊富なお笑い芸人ファニーチャップがイベントを盛り上げます。

 

愛知県を拠点に出張漫才を行っています。

 

「オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです!」(オドぜひ)にも出演。岐阜県、三重県の東海三県は勿論、全国どこでもお伺いします。

 

出演依頼、派遣依頼、ギャラ、費用などお気軽にお問合せ下さい!!